排水のトラブル

初期症状を見逃さない事がポイントです。

お風呂場や台所などの水回りに必ずつきまとうのが排水つまりトラブルです。これらはいったんつまると中々自然には直りません。それどころか排水管内部で原因物質が硬化してしまう可能性が高いです。こうなってしまうとパイプごとの交換という大工事が必要になってしまいます。その前に対策を取ることが大切です。排水つまりには必ず初期症状のようなものがあります。水の吸い込みが悪かったり、ブフォと言う音がしたりします。そららの症状を見逃さないことがポイントです。これらの症状は「もうすぐ排水つまりが起きますよ」と言う合図なのです。これらの合図を知ったら素早く対策をして下さい。台所とお風呂場それぞれに適合した溶解剤などを使用して下さい。

最近の排水口にはフィルター式とディスポーザー式が有ります。

お風呂でも台所でも排水つまりは必ず起きるのもです。しかし、それが頻繁に起きては困りものです。そのために、現在の殆どの排水口内部にはゴミ受けのフィルターがセットされています。これらは排水つまりの原因物質が排水管内に入って行くことを止める門番のような部品です。ここに溜まるゴミやカスを定期的に取り去っておけば、排水つまりが起きる頻度を減らすことが出来る優れものなのです。最新の台所のシンクにはフィルターではなくてミキサーのような装置がついています。これで食べ残しなどを粉々に砕いて流してしまうのです。使ってみると、魚の骨なども粉々に粉砕する超強力なものです。正式名称はディスポーザーと言います。しかし、この装置にも処理が苦手な物があります。そのような物はディスポーザーで粉砕せずに別途生ゴミとして捨てる必要があります。