建築業界で必要

3DのCADを用いたリフォームのシミュレーションCGの提案が現在のトレンド

最近は建築設計において3DのCADソフトを用いるのが一般化しています。リフォームにおいてもこれは同様で、大規模な改修の場合は工務店や設計士事務所ではこの3DのCADソフトを使ったシミュレーションCGを使って施主に実際に完成予想を提示するのがトレンドとなっています。 リフォームにおいて心配事となりがちな点が、完成の予想イメージが付くにくいというもので、これがよく言われるリフォーム失敗の原因の1つとなっていました。そこでその問題を解決するために、積極的に用いられているのが前述の3DのCADソフトを用いたシミュレーションCGによるプランの提案です。 施主はこの完成イメージを見ながら、さらに変更を加えたりできるので理想のリフォームができます。

建築士事務所への依頼によって独自性の強いインテリアやエクステリアも実現出来る

既存の住宅に手を加えるリフォームによって、機能を追加したりデザインを変更したいといった場合に依頼先の1つとして選ばれる事業者に建築士事務所があります。 建築士事務所は家の施工のための設計図書を作成する会社です。建築主の予算に応じたリフォームプランを提案するための各種アドバイスを行い、適切な住宅空間デザインを行い、建築主と相談しつつ設計図書を作り上げます。この設計図書を施工者に渡すことで実際のリフォームとなります。 このように設計段階から専門家が携わって、建築主と二人三脚で住宅を改修していくため、独自性の強いインテリアやエクステリアも思いのまま実現することができます。このためこだわりのリフォームにおいて、建築士事務所に依頼をする人は多くいます。